体内から案外ニオイを発するということに気付いた

あたしが積極的にしている体臭ケアは、汗をかいたらこまめにボディーパウダーシートでまめに汗をとり、脇部分には制汗剤を十分にかけるなどしています。

ですが、日頃摂取している物のせいで体内から案外ニオイを発するという事に少し前に気付きました。

甘いパンばかり連日食べていたら友達から、「砂糖菓子みたいな体臭がする」と噂されるようになり、落ち込むような事ではありませんでしたが、そう言われるのは甘い系のパンばかり摂取しているのが原因かもと思い、野菜料理やヘルシー志向のものを食べる様にしました。

そうしたらカラダからは、御菓子みたいな匂いが消え去り「加齢臭」のニオイケアにもなっていると思ったので、毎日食べる様にしています。

それが難しい時には、サプリメントで、栄養のバランスをとるようにしているのが、わたしの体臭ケアです。

ここのところ惹かれている物はバラのエキスのサプリメントで買ってみてもいいかなぁと思っています。

このローズサプリを飲むとカラダからバラの薫りがすると今注目されているサプリメントらしいので近いうちに試してみたいと思っています。

あたしは13、4歳のころから、周りの人に脇臭がすると注意されていて、部活動の練習着も両脇の所が黄色っぽくなってしまうほどでした。

中学卒業後、高校生になって、脇の臭いを抑える為にニオイ防止クリームを使用したりして臭いを抑制していました。

社会人になり、5、6年間は、薬用わきがクリームでケアしてきたのですが、ようやく有給を使って数日間の「わきが手術」をしました。

一時間程度で施術は終わって、あとは一週間の入院生活でした。

脇部分は動かせないようになっていましたが、手は自由だったので、病院生活では特に問題ありませんでした。

一日一回、医院長先生がワキの部分を見てくれて、傷口の手術用の糸は、二週間くらい経過してから抜糸しました。

その後1ヶ月に1回は通院し一年後に全て終わりました。

そうしたら腋臭臭がなくなりました。

薬用わきがクリームを使ってなくても、無臭でいられるのです。

とにかく会社にいる時でも気になることが無くなったのでとても快適に過ごせています。

ワキ下のニオイが悩みという人は手術をお勧めします。

十万円前後で受けられるので試す価値はあると思います。

育児休暇が終わり、ようやくお仕事に復帰できます。

スタンドでは値上がりが激しく前と比べて単価がだいぶ上がっててビックリです。

真夏を待たずに復職したのはちょっとでもカラダを慣らさないとまた汗でベチョベチョの状態になるからです。

知っているとは思いますが給油所というところは直射日光を浴び、長袖のユニフォーム、エンジンの熱で猛暑なのです。

私は多汗症なので暖かい季節になると汗だくなのです。

夏には束ねた髪の毛先から汗が垂れてしまう為自動車が汚れてしまわないように、お団子ヘアにします。

首がすごく、日焼けしてしまいますが…。

若い子って、汗はそんなにかかないの?と思うほどへっちゃらそうな顔です。

あたしは体にピタッとしたシャツを着てワキの所にタオルにくるんだ保冷剤を入れるようにしたり、ブラにもティッシュに包んだ保冷剤を入れて仕事に取り掛からないと非常に厄介な事になります。

メイクに関しては、当然お昼までもちませんので昼からは眉墨がない状態でサービスしています。

車がとっても好きなので続けたいのですけど、外での仕事でも汗をかかないような何かが発明されないかなあなんて願っています。

汗かきの人の1番の悩みといえば、人と会う時、人の前で発表する時、とか人ごみにまみれている時です。

私自身も汗をよくかく方なのでそういった事が非常に悩みのタネです。

大勢の人の前に立つとプレッシャーがかかり汗があふれ出します。

人が緊張するとかいてしまう汗だけど、「多くの人がわたしを変わり者だと思っているかも。

おさめなきゃ」って考えていると汗を気にし過ぎてしまうため、余計に汗がでてきてしまうのです。

そして、汗をかいてる自分が変わった人だと勘違いされているように感じて周りの人の目が気になり、恐ろしくなってしまうのです。

最終的に、汗が怖くなり他人に不信感を抱き少しづつ人目を避けるようになってしまい、発汗しそうなところには絶対に近寄らなくなってしまいます。

こうなると、電車、バスはもちろんの事、お気に入りの所や行ってみたい所、行ってみたいお店にも行くのに勇気が必要となってくる場合があります。

このお陰で、「あのお店に行きたいけど、あそこだと汗かきそうだな」と思ったらいけなくなるので、面白い事や楽しい事が少ない人生なのだと思います。

 

汗の困り事は深刻な一面もある

汗においての悩みは、その方がコンプレックスを持つことになり煩わしい事があります。

ヘアスタイルの問題や、ファッションの悩みだったら、大した問題ではありません。

ある程度美的感覚の優れた美容師さんに手助けして貰えば、簡単に解決できたりするのです。

だけど、汗の困り事は深刻な一面もあるのです。

その訳は、その人の身体に原因があるという面があるからです。

それと煩わしいのが、汗での困り事というものは、自分ではなかなか分かりません。

ですから、本人は汗臭くないと思い生活しているのですが、周囲にとっては迷惑がかかっているという悲惨な状況になっている可能性があります。

汗に関する悩みというものはそういったことが重大なので、なかなか解決策が見つかりません。

デオドラントアイテムを用いたとしても、その人の体質に合っていなかったとしたら、汗臭と混同してしまい異様な匂いになる事もあります。

だから、汗に関する悩みというのはなるべく周囲の人に早々に打ち明けてしまうほうが対策しやすいと思います。

あんまり自分的には気に掛ける事もなかったのが、この足元のニオイです。

あたしはお仕事に行くのに、たえずナイロンストッキングが欠かせません。

どんな格好の場合でも、パンストでなければなりません。

だけど、この「ストッキング」のせいでこれ程までに足裏がクサくなっているなんて、今まで長年足を通していましたが、少しも気がつきませんでした。

この前、仕事帰りに皆と飲みに行きました。

お店はお座敷席でした。

行った日は梅雨真っ只中の天候で、足元はビショビショ。

女将さんが、優しい人でタオルを貸してくれましたが、サラサラになるほどには拭けません。

足元がそんなままで会は始まり、ビールを飲んで、トイレに立った時のことです。

急にこれまで臭ったこともないような悪臭に気付きました。

誰かくさやでも頼んだのかな?と考え出したものの、そんな臭いのするような食品はなく、悪臭の原因が分からないままパンプスをはこうと、屈んだ途端、これだ!と確信したのです。

はい、犯人は「くさや」などではなく、自分自身の「足」でした。

汗には昔から悩まされていて汗の量は多分すごく多いです。

仕事の関係でコンサートでドレスを着ることが沢山あるのですけど、脇とかうなじに沢山汗をかくため、ドレスに汗のシミが出来てしまう事がある為頭を抱えていたのです。

汗染みが目立ちにくいものを選んで着たり中にタンクトップを着たりして少しでも汗が染みない方法を試していましたが、汗の量が半端ないため大した効果は見られませんでした。

ですから、スーパーに行って、化粧品のメーカーから出ているひと塗りするだけで汗を抑えてくれる薬を買って来て試してみました。

絶対に汗をかかないというわけではありませんが、日頃から汗をかく量が半端ない私からしたらだいぶ治まりましたし、衣裳につく汗のしみも確実に少なくなりました。

ステージに立つ時やプレッシャーのかかるお仕事を行う時など緊張するような場面で出る変な汗は特に、暑さで出るアセとは違い自分自身で抑止することができないのでそのような時にはこれがあるのはとても助かっています。

いっしょに暮らしている姉貴の体臭が気になって仕方がない。

食生活が偏っている・ダラダラした生活・体重オーバー・・言い出せばキリがないくらいですが、同居中の人間の意見としては「体臭」に関してはなんとかしていただきたい!

相手が姉なので、「体臭がする」とは単刀直入に言えない自分もいけないんだろうけど、衣服を脱いでその辺に置きっぱなしにされると、夏場は特に汗まみれになるせいか、家中にニオイが充満してとんでもないことになります。

消臭スプレーをかけたりしますが、連日使用していると直ぐに使い切ってしまい経済的にも困る。

服を洗う時も、息をしないようにしないと扱えないので、息をひそめて洗濯機に入れます。

口を開けて呼吸するのも、なにか健康を害しそうだし、正直もうこの臭いには耐えられません。

女だから、「香りはマナー」と思いそうなものなのに、この人の神経の太さはすごいなと感心する。

あれで、彼氏もいるんだから。

恋人は、「臭い」は「臭い」ようですが別れる気はなさそうです。

ワタシは、こんな女がガールフレンドだったら結構な恐怖を感じます。

と言うか、それが嫌で振るだろうな。

ズバッと言えたらいいんだけどなー。

 

基礎化粧品の良さをめいっぱい発揮するためにも食生活に配慮

あたしが美しくなるために気を付けている事は、「栄養バランス」がしっかりとしたごはんを食べるってこと。

この事は、本当に重要な事だと考えています。

例えば、値の張る化粧水などをつけていても洗顔の仕方が間違っていたり、脂っこい物ばかりを摂りすぎていたら意味が無いですよね。

そんな訳で、基礎化粧品の良さをめいっぱい発揮するためにも食生活に配慮しています。

ポイントは暴飲暴食の禁止。

やり始めは空腹感に襲われて辛いかもしれませんが、最初さえ我慢できればちょっとずつそれで満足出来るようになるので安心して下さい。

そればかりか、これまでより食べなくても空腹を感じなくなった喜びで精神的に満たされます。

また、ベジタブルをたっぷり摂取するのも重要です。

極力自然栽培のものを使うようにしています。

少し割高になるのでそこが難点ではあるのですが、有機野菜だと味が濃くって美味しいです。

むかしは野菜類は好きじゃなかったのですが、ちゃんと美味しいベジタブルを使えばたくさん摂取出来ます。

野菜の栄養素は美容的に良いのでいっぱい摂取しています。

一番初めに食事の事についてですが、余計なカロリーを蓄積しない為に、夕食は早い時間に頂く事、そして食事の後には甘いお菓子を食べないこと、この2つです。

以前からしているなんとなくの習慣ですが、今はアラフォーで育児中なのですが、高校のころからずっと同じ体重です。

妊娠時も10kgも増えていません。

同じ内容の食事でも朝食べた場合と夜の場合では、何十倍も脂肪になるそうなので、食べたくなったらそれを考えて辛抱。

早起きのきっかけになるのです。

次に見た目に関する事です。

自分自身全く気にしていなかったのですが、正しい姿勢のようで、年齢より若いと言ってもらえることがありますし、わたしの事はさておくとして、姿勢の良くない人を見た場合実際の年齢よりも上に見えてしまい、かわいらしいのにもったいないを思うようなことがたくさんあるので、姿勢も大切なポイントではないでしょうか。

他には運動に関してですが、歩くスピードもカロリー消費にとても大切だそうです。

子供を産んだ後、マタニティーで筋力と持久力を調べて、最適なウォーキングスピードを割り出してもらいました。

けっこう速足なのでビックリしましたが、この際、効率的に!ですよね。

ライフスタイルの中に組み込める事で効率良くできたらいいですね。

お顔や身体のスキンケア。

それぞれ色んなケア方法で実施していることと思いますが、私の行っている美肌作りは非常に簡単でお財布に優しいです。

顔にもカラダにも利用しているアイテムは惜しみなく使える分量が入った昔からあるハトムギローションと、「ニベアクリーム」。

この二つだけなんです!安いでしょ!笑はとむぎ化粧水も「ニベアクリーム」も両方とも赤ちゃんにつけられるくらい低刺激ですし、ニベアクリーム(青缶)はセレブ御用達の高価なクリームと殆ど成分が一緒だって噂になってましたよね。

けれど個人個人使いつけたアイテムがあるでしょうから、ここで特にお勧めはしませんが、わたしが聞いてもらいたいのは「いつ利用するか」ということ。

わたしのスキンケアのポリシーは値段やブランドではなくて、「使うタイミング」なんです。

洗顔のあと、バスタイム後、ローションを使用しますよね。

殆どの女性は、顔や体を乾かした状態でローションを使用していると思いますが、私のタイミングは異なります。

毎回サッと水滴を落としたくらいでハトムギローションを使用します。

なぜかというと、濡れたお肌が乾くとき元々お肌に含まれている水分も取り除いてしまうと聞いたからです。

お風呂のあとや洗顔時に「湯」を使った後はことに水滴を拭き去った瞬間がもっとも肌が乾く瞬間だそうです。

そういう訳でわたしはお風呂に入っている時に洗顔を行ったら乾く前にハトムギローションをのばしてパッティングしながらお風呂に入っています。

湯上がり後もタオルを使用するまえのカラダにハトムギローションをたくさんつけます。

そうしてから毛髪をタオルで乾かし顔面と体はタオルでポンポンと拭いて、ニベア青缶を手早く伸ばします。

この方法で常にスキンコンディションはバッチリです。

これが私の一番のスキンケア法です。

 

毎日の肌メンテからアプローチすることに

ドライ肌が原因で油分が多くなっていて、にきびが発生しやすいです。

それこそ加齢とともに、お顔だけじゃなく、首元や背中などにも発生するようになり、すごく参っていました。

顔周りのブツブツは治ったと思ったらまた出来てって感じなので、外に出ることも嫌になるほどです。

専門医に薬を処方してもらったところで、そもそもの肌の質はそのままなので一時的には良くなりますが、また大人ニキビの出現に肩を落とすことになるのです。

ブツブツが発生する理由を私なりに調査し毎日の肌メンテからアプローチすることにしました。

肌のターンオーバーが出来にくく、毛穴に皮脂が多く詰まってしまいます。

強引にどうにかしようとすると肌負担が大きいので、フェイスウォッシュの前に蒸したタオル等で肌を柔らかくして、毛穴を開かせ、そのあとにメイクオフ、フェイスウォッシュの順にやっていきます。

毛穴に詰まった汚れが出やすくなるので、半月ぐらいでにきびが改善されてきました。

洗顔後は忘れずに顔のリンパマッサージを行い、血行促進を図っています。

毎日のお化粧は、あれもこれもと付けないようにして、パウダーファンデ等をのせるだけというメイクに変更しました。

日々の習慣をチェックし直すことで、ニキビの出来にくい皮膚に生まれ変わり薬を使うこともありません。

今はニキビがぶり返さないよう、注意を払って生活しています。

私は、美容や健康の為にお水を飲むようにしております。

よくお水を飲むことが美肌にいいと聞くのですが、わたしも実際にそう思います。

私は、家で仕事をしていますが、主に自分でミルク入りコーヒー(無糖)を作って飲んでいました。

たいてい、ミルクは低脂肪だったのですが、そうは言ってもそれだけ回数も飲んでいたから、やっぱり体重も増えてしまいました。

職業柄、ほぼ1日座ってばかりいるので、どうにか少しでも改善できないかなと考えて、水を飲むことに行きつきました。

それまで飲んでいたカフェラテを水にしてみたら、からだが軽くなって、脚の浮腫みとかもスッキリしてきました。

さらに、利尿効果があるのかどうかわからないけれど、トイレに行く回数も増え、体重が少しずつ落ちてきたような気がします。

肌への影響は今の時点では確認できませんが、よく水を飲む事で、肌の水分の割合も増えてくると思うので、今後どうなるかワクワクしています。

そういうわけで、お水を飲み始めて、今の時点でわかっていることは、むくみが治ったことやダイエット効果(もしかしたら、利尿作用が出たのではなく新陳代謝が良くなってきているからかもしれません)等々です。

一日2Lほど飲むのがいいと聞きますが、今のところ1リットルを飲むのがやっとなので、ちょっとずつ量を増やして、より美容効果がハッキリわかるように、がんばろうと思っています。

こまめに歩く事を習慣にしています。

頻繁に歩くことはいいエクササイズになりますよね。

ムリして有酸素運動をやらなくても家の中を歩きまわるだけでもいい運動になります。

私は少し歩幅を広めで歩いていますよ。

自宅でしたら他人に見られたりしませんから・・・。

例え見つかったとしても旦那ですし、大きく足を開いて歩き回るだけなので見つかっても笑って済ますだけです。

あまり足を開かず歩いても適度に運動したとは言えません。

歩くことをウォーキングと言う運動に変えるなら足を大きく開いてしっかり歩く事。

それから少し速めに歩くのがオススメですね。

のんびり歩くことよりちょっと速めに歩いた方が頭の働きも活発になるようですよ。

姿勢を良くしてしっかり前を見て大股で歩いているとくたびれます。

疲れは出ますが運動をしたという感じになり爽やかな気分です。

さらにスタイル維持やダイエットの手助けにもなりますね。

大股で歩く習慣をつけると老化の予防にもなるしたくさん良いことがあります。

手軽にできるのでいつでも実行できます。

 

おでこや鼻はテカってしまい毛穴部分が目立つのに

この頃、洗面所に立つ度にハリをうしなった顔周りのゆるみが気に掛かるようになりました。

よく見てみると、わかい時より小さなしわもハッキリしてきています。

四十路を越えてからは、お肌の問題も多くなってきました。

私の肌は脂性と乾燥を持ち合わせていて、おでこや鼻はテカってしまい毛穴部分が目立つのに、アゴのラインは乾燥しすぎて、かさかさと白くなることも。

「混合肌」ですとお肌のお手入れにどういったタイプのものを買うか非常に困っちゃいます。

かつて、テカテカしているTゾーンを治したすぎて、軽めな「基礎化粧品」を使用したのですが、フェイスラインが潤いをキープしてくれず、化粧ノリがとても悪くなってしまった事があります。

ちゃんと情報収集してみると、「Tゾーン」の毛穴が開いて脂っぽいのも、お肌の水分不足が原因らしく、それからは、肌ケアではお肌を潤すことを中心にケアするようになりました。

今はおでこや鼻が脂でテカテカになってしまうようなことはなく、全体的に保湿が維持されています。

若い頃と違い肌トラブルはあっても仕方がありませんが、今後も若々しい美肌を目指してキチンとケアを続けます。

美容に気を使っているのは髪のお手入れです。

髪は毎日のようにケアしますし、一日に何度もすることなので、常に注意して髪の毛を傷めないようにしています。

髪の場合はお肌と同じではなく、ダメージを受けたところを自分のチカラで治したりするような事は出来ません。

お肌は傷ついてしまったとしても自分のチカラで治せるのですが、髪にはそのようなチカラがないのです。

その為髪の毛の場合は肌よりも気を使います。

わたしは髪を適度に洗うように心がけていますが、日々洗髪する必要がないと気が付いてから髪の状態を見てどうするかを決めています。

髪の毛や頭皮のヨゴレを感じた時だけ髪を優しく洗うようにしています。

髪の毛同士が擦らないようにシャンプーしているのでちょっと時間がかかるけれど、質の高いシャンプーを使用しているので泡にトリートメント効果もあり一挙両得だと思います。

高品質のシャンプーを使った方が絶対に綺麗な髪になります。

メイクや健康補助食品など肌のために注意することはあれこれとありますが、最も注意しなければならない事は肌の保湿です。

寒い時期ばかりでなく、暑い季節もエアコンの風でいつもカサつく可能性に不安に追いやられているのですから。

そのへんをしっかりと乳液やクリームを塗って対策すべきということです。

ですが小まめにそれをやろうと思うとついつい面倒になりがちです。

そんなわけで使っているのがオールインワンタイプのスキンケア用品です。

同ブランドを揃えて費用がかかる心配もありませんし、ローションから順々に塗らなくてもいいので時短にもなります。

美白成分が入っているタイプだとなお良いです。

そして、美容と言ったら外からよりも中から気をつけるという事もあります。

実際はなかなか難しいのですが、基本的に規則正しい生活をするとそれだけなのに肌が随分変わります。

お肌のためには手近な問題からちょっと注意するだけで、状態も良くなりますし体の調子も良くなるものですね。

不足気味の栄養素があることは承知しているので、ビタミンCとかの健康補助食品の助けを借りる場合もあります。

 

自分から出ている体臭は鼻が鈍感になっている

インクリアと言いますのは、膣内部の状態を万全にすることで“あそこの臭い”を消失させるというものですから、効果が自覚できるまでには幾日か必要だと考えておいてください。

自分から出ている体臭は鼻が鈍感になっているので、気付けないのがネックです。

周囲を不快にさせることのないよう、適切な対策を行いましょう。

日常的にお風呂で洗浄して清潔な状態をキープしておくのが一般常識となっている現代においては、無臭の状態にあることが望ましいとされており、その結果足の臭いを嫌がる人が多くなっています。

自分では問題ないと思っていたところで、身体の内側から生じてしまう加齢臭を悟られないようにすることは難しいのです。

臭いが放出されることのないように抜かりなく対策を実行していただきたいですね。

近頃は食生活の欧米化により、体臭に苦悩している人が年齢層や性別に関係なく右肩上がりに増えています。

高い殺菌力を誇るラポマインなどのデオドラント剤を上手に利用して、きちんと防臭対策を敢行しましょう。

流れ出る脇汗が不快だという場合に、その汗をブロックしてくれるのが制汗剤で、臭いを抑制してくれるのがデオドラント製品なのです。

自分の症状に合わせて使用する一品を選択しましょう。

口が臭いというのは、仕事上もすごく悪影響を及ぼすことになると思いますので、人と安心してやり取りするためにも、口臭対策を実施しましょう。

体臭に関する悩みは男性に限ったものとは言いきれません。

ホルモンバランスの不調や体を動かさない生活、更には食事の質の低下などから、女性だとしても処置が必要になる場合があるので気を抜かないようにしましょう。

世代を問わず、日本人は外国の人より衛生理念が強く、いろいろな臭いに強く反応し、わずかな体臭や足の臭いがするだけでも、大げさに不愉快に思ってしまう人が少なくないようです。

「脇汗などの体臭が気になりすぎて、仕事ばかりでなく恋愛にも集中することができない」と頭を悩ましているなら、消臭サプリを活用して体内から体臭予防をした方が得策です。

体臭の種類はいくつかありますが、非常に悩んでいる人が多いのが加齢臭だそうです。

加齢臭は名前のごとく、年齢を重ねることによりどなたにでも発生する体臭なものですから、消臭サプリで抑制しましょう。

「日課としてお風呂に入るかシャワーを浴びて体を清潔にしているはずなのに、どうしたことか自分自身の体臭が気に掛かる」と悩んでいる方は、体質の改善はもちろん、日頃の入浴とは別のデオドラント対策が必須でしょう。

インクリアというのは、ズバリ申し上げて“あそこの臭いを消し去る機能”はなく、“あそこが臭いを生み出さないように予防する”ことを意図しているアイテムになります。

歯、食生活、内臓関連疾患など、口が臭ってしまうのには何がしかの原因が存在し、それが何かを解明するのが口臭対策の要になると言えます。

自分的には特に臭っていないと考えているとしても、周りの人からすれば許すことができないくらい劣悪な臭いになっているということがありますから、ワキガ対策は本当に必要なものだと思います。

デオドラント関連のアイテムはさまざまな種類のものが用意されていますが、ニーズに適したものをチョイスしましょう。

あそこの臭いが気になるという場合は、デリケートゾーンのケア専用のジャムウソープなどが確実です。

どんなに可愛い方でも、体臭がすると引いてしまいます。

体臭の強烈さには個人毎に差が見受けられますが、心配な方はワキガ対策をちゃんと行なった方が賢明です。

「手の平に汗をかきやすくスマホの操作が思いのままにできない」、「筆記しようとしても紙が破れてしまう」、「彼女や彼氏とも手をつなぐことができない」など、多汗症という人の苦労はいろいろあるようです。

自身の体臭や脇汗が心配だという際に重宝するデオドラントアイテムですが、個人個人の体臭の原因を割り出したうえで、最良のものを選択しなければなりません。

口臭がするというのは、仕事関係でも相当悪影響を及ぼすことになると思われますから、人と心配なく話すためにも、口臭対策をすることをおすすめします。

40~50代以降になると、男女にかかわらずホルモンバランスの悪化などの影響で体臭が強くなりがちです。

日課として石鹸を使って体をていねいに洗っていたとしても、体臭を防ぐ対策が必要不可欠です。

「ひょっとして体臭をまき散らしているのではないか?」と不安に思うことが多いのであれば、習慣的に消臭サプリを摂って体臭対策を講じておく方が心配しなくて済みます。

自分で体臭に気付いているのに対策を講じないというのは、他人に不愉快な気持ちを抱かせるスメルハラスメント、略して「スメハラ」になるのです。

普段の食生活を改善するといった対策が必要不可欠です。

体臭はご自分では気付くということがほとんどなく、かつ第三者も容易に指摘しにくいものですので、デオドラントケアアイテムなどで対策を行うほかないと言えそうです。

体臭関係の話は難しい部分があるため、まわりの人からは非常に告げにくいものです。

自分は自覚することなく、他者を嫌な気分にさせるのがわきが臭だというわけです。

不規則な食生活は加齢臭の要因となります。

油をたくさん使った料理やアルコール類、それにプラスしてたばこなどは体臭を劣悪にする原因になります。

お風呂で綺麗に洗っていないわけでもないのに、何故かしら臭いが漂ってしまう加齢臭は、ライフスタイルや運動不足など体の内側に問題があると指摘されています。

自分の体臭というのは鼻が慣れていますから、気づきにくいものです。

周囲を嫌な気分にさせる前に、適正なケアを行なうべきです。

日々お風呂で体を磨いて清潔にしておくのが常識である今日では、臭いがしないことが理想的と言われており、それだけに足の臭いを不快と感じる人が多くなっています。

わきがについては遺伝するとされています。

母または父がわきがである場合、2分の1くらいの確率で遺伝しますので、常時口にするものには気をつけるよう意識しなくてはならないわけです。

 

私のニオイって周りに感づかれるくらい臭っているの?

すれ違っただけで、息を詰まらせるような、つんとする臭いがする人がいませんか?

俗にいう腋臭。

外国人とか毛の多い方に多いのではないでしょうか。

わりとその人から離れていても、近くを通っただけで、すぐ分かってしまう。

すれ違ってもいないのに、その場ににおいを残していくといったこともありますよね。

つい、きょろきょろしてしまいます。

嫌だ嫌だ、なんて思っていたのですが、最近とっても暑くて汗が噴き出るのですが、なんだか、私こうばしい。

着ている服から臭うのか、自分自身の体から汗じゃないニオイがします。

汗臭って、運動部の部室の香りといった、オトコ臭いような、なにかしらそんなイメージをしていましたが、私の身体のニオイったらとても香ばしいニオイがします。

20代のころはこんな臭いはしなかったはず。

自分から発する臭いだから、そこまで嫌な臭いとは思いませんが、周囲の人はどのように思うんだろう。

それ以前に私のニオイって、周りに感づかれるくらい臭っているのかしら。

もしも、そうだとしたら何か対策せねばな。

なんて思っている、今日この頃なのでした。

これまでニオイに関して別に注意されることもなかったので、気にすることもありませんでしたが、靴を脱いだ足から鼻をつくニオイがしてビックリしました。

無かったことにできないくらい足が臭かったのです。

なぜこんな状態になってしまったのだろう、周りはもう気付いていたのではと思って焦って確かめました。

ソックスやタイツで通気性が悪くなっているところに靴を履き続けるため、靴の中が汗で蒸れてしまいます。

足にいる常在菌にとって湿気っている環境は繁殖にはもってこいらしく、雑菌と汗が混ざると悪臭に変わるのだそうです。

必ず毎日お風呂に入り、足も念入りに洗っていたはずなのにガックリしました。

更に調べてみると、足にいる雑菌は洗っても落ちにくい特徴を持っているようです。

つまり残っていた常在菌が次第に増えていって今回のような悪臭を招いたんだと思われます。

対策としては、薬用石鹸を使って足をよく洗うこと、靴を天日干しすることが有効のようで、早速試したいと思います。

対策を試してもすぐさま効果が現れることはなさそうなので、効果が出るまでは「足のニオイのことは誰にも言われることがないように」また、「臭いを感じたらごめんなさいね」という心持ちで過ごします。

健康やダイエットという以外に汗を流したいと思う人はいるのでしょうか。

スポーツで流す汗は置いといて、私は汗はあまりかきたくない。

私が汗をかくとき、それは緊張が原因。

そのため、汗というものに良い印象はない。

加えて、かきたくないような場所から汗は出るから困る。

額や両脇、うなじや背中などあらゆるところから出る。

挙句の果てに噴き出るという方がふさわしい。

空気が重くなると、もっと出てくる。

しかも、不の感情の時に出る汗は臭い匂いがする。

また女性の場合は、汗をかくことは大問題だと思う。

服に脇汗が染みているとアナウンサーなら苦情が出るほど、日本人は汗染みに対して寛容ではない。

汗をかくだけで非難される時代。

悩ましいことだ。

なので、私は汗を嫌っている。

でも、人間の体に蛇口なんてついていないから汗を止められるわけがない。

緊張で手に汗を握る、といった具合くらいならばかわいい。

自分は書類を触るだけで湿らせてベチョッとなる。

汗についての悩みは永遠に続きそうだ。

更年期障害もおそらくもう終わりかけだと思います。

40代後半の頃の症状で、寝ている間にかいていた大量の汗は、なかなか治らない病気と手術して体力が消耗していたからなのか、患いかけていた関節リウマチが原因なのか、単なる疲労だったのか、更年期障害が原因なのか、はたまた霊によるものなのか。

年月が過ぎてみれば、あの症状は更年期障害がもたらす体温調節機能の劣化かななんて思うのです。

鞍替えして家にいる事が多くなった現在では、過去の様な大量の汗とけだるさは無いのですが、すこし運動しただけで大量に汗をかいていることに気が付きます。

エネルギーを使っているという感じじゃなく、冷え性なんだけど、体温が上がりやすいようなのです。

この様な状態は更年期障害ではなく老いの症状なのでしょうか。

朝から大汗をかいてしまって気持ち悪いのは、首のまわりです。

家につくと汚い感じがして着ているシャツを着替えますが、首あたりがベチョッとしているので、早いところシャワーを浴びたくなるのです。

寒い時期でもそのくらいですから、夏は匂うほどなのでたまったものじゃありません。

髪の毛は汗できしんでいます。

今は「中年のオジサンって大汗かいてて気持ち悪い」とは言いづらいです。

 

お肌が乾燥し始めると痒みが出たり時どきヒリヒリすることも

わたくしは長いあいだ、乾燥肌で悩んでいます。

主に寒い時季はずっと乾燥がひどく、毎年のように肌トラブルを起こしてしまいます。

毎年、今シーズンはお肌を乾燥させないようにと、入念にお肌のケアを行っているのですが、そうしてもやはりお肌が乾燥してしまいます。

お肌が乾燥し始めると、痒みが出たり、時どきヒリヒリすることもあります。

かゆみがあるからと掻いてばかりいると、お肌を傷つけたりして、一層症状が悪くなってしまいます。

乾燥するシーズンにお肌の潤いを維持するのは難しいです。

少し前は保湿効果のかなり高いモイスチャークリームを塗っていたけれど、それを使っても効き目が見られませんでした。

そこで、最近は治療薬用のクリームを使っています。

夏前の雨季に入ってくると、湿度がグンと高くなってくるのでお肌の乾燥も和らいできます。

5月から11月くらいまでは年間で一番肌のコンディションが良いです。

自然にお肌が保湿できる時季なんだと思います。

できることならつねに、これを維持していたいのですが、何かいい方法はないかと探しています。

ただいま二人の子持ちの30代半ばのママです。

結婚する前は、エステティシャンとして働く傍ら、事務職も掛け持ちしていた為、自由な時間はあまり無かったものの、金銭的な余裕はありました。

ですから、化粧品も色々な市販品を試してとっかえひっかえ状態・・・。

そうしたことで、自分自身の肌に合った基礎化粧品を正確に把握できました。

昔から何しろどのメーカーを利用しても「美白成分」が配合されているスキンケア用品は全部ダメでいつも目周りが腫れぼったくなったり、両頬が赤くなったりするためスキンケア用品は保湿力を重視して購入することにしています。

育児のドタバタ生活の中、おフロから出たあとは必ず、美容ローション、保湿クリーム、夜専用のクリーム、保湿美容液はケチらず塗布して、乾燥肌にならないように気を配っています。

また、ドライヤー作業をしながらコラーゲン配合のドリンク剤を摂っています。

日があるうちは子供を外遊びをさせたりして屋外にいる事がほとんどなので暑い季節はより一層サンスクリーン剤を丹念にぬりつけています。

シミなどに効くような化粧品は利用出来ないので、紫外線予防は怠りません。

朝と夜にぬるいお湯を飲んだりもしています。

体の中の水分不足も解消すると、美肌度もあがります。

今はまだ小さい娘もいつか大きくなり、連れ立って出掛けた時に、姉妹の様な若々しい母でありたいです。

働いていると矢張り食事に偏りが出てしまいます。

出勤前はご飯にふりかけとかで、お昼は社員食堂でお手軽なラーメンやスパゲッティ等をどうにも注文しがちな私。

仕事が終わるとヘトヘトで自炊出来ない事もよくあり、結構ホカ弁に頼ってしまっています。

こんな事ではやっぱり体力が持たないし、肌状態が悪いのも当たり前のことです。

できる範囲内でヘルスケアや美肌作りをしたいと考えて、手軽に作れる野菜中心の具沢山スープを飲み始めました。

空き時間を見付けて週末なんかに具沢山スープをまとめて調理しておいて、冷凍ストックしておくのです。

夕食などにこれを飲むようにして、栄養のバランスを整えるようにしています。

「野菜」には酵素やミネラル類なんかのお肌が喜ぶ栄養素がたくさん入っていますから、しっかりと取ることで素肌力も上がっていくはずと思いながら摂取しています。

飲み始めてから良くなった事は、肌荒れもちょっとは良好になってきて、元気度がアップしてきた事です。

健康と美肌作りは食からだなと身に染みて、手っ取り早く取れる具沢山スープを続けています。

 

プレゼンの時は汗対策は人一倍心がけていた

私自身は元々沢山汗をかく方です。

よく汗をかくシーンというのは、緊張した時です。

以前、保険会社の事務員として働いていましたが、皆の前でプレゼンテーションをする時や面倒なもめ事があったときなど、わき汗がたくさん出てきます。

それをすごく悩んでいた為、汗対策は人一倍心がけていたのです。

年中デオドラントスプレーで抑えていましたし、お出掛けする時も必ず身体(脇を重点的に)にスプレーしてから出かけます。

そのおかげでしょうか、他人に「汗臭うね」なんて言われた事はありません。

多分デオドラントで抑えていなかったら、まわりの人から避難されていた事でしょう。

手汗もよくかくので、握手したりするなんて事できませんでした。

平静でいられなくなるので、一層手汗が出てくるからです。

暑い季節は1日に何度もシャワー浴びたくなります。

「自身の汗のニオイがまわりを不快にさせているのではないか」と、とても怖くなります。

そこまで汗をかかない人になってみたいです。

ちいさい時からよく汗をかくので、これから先も自身の汗と付き合う事になるのかって考えるとゲンナリしてしまいます。

私自身子どもの頃から結構汗かきな体質でした。

他人に言わせれば気にする事はない程度だと言っていましたが、私の姉妹が物凄く汗をかくのです。

夏なんかエアコンが効いていない部屋にいる事なんでできないほどなのです。

一度だけ灰色のTシャツを着てそうじをしている所を見た時に、すっごく濡れていました。

身近な人間のそういう姿をずっと見て育ってきましたので、人からの見た目が気になってしまうんです。

ですから、人と人との関係に自信がないのです。

汗くさいなんて思われていないかな、女のくせに汗っかきと思われていないかなと不安心を抱くのです。

昔ながらの友人、親しくなった友人からはそんなに心配しなくても大丈夫って言われているので、逆に自分が心配し過ぎているのかなと悩んでしまいます。

汗かきって判断基準になるものがありません。

体重や体脂肪のようにシンプルに数字で表現する事ができないため、自分がどれ程臭いを発しているのかは分からないので気になってしまいます。

わたくしがイヤだと思う体臭は柔軟仕上げ剤のニオイをキツくしている人が汗臭と合わさっているニオイが大変クサイと感じるのです。

一般的使用量以上の柔軟剤を使っているような人に多いと思います。

ショップですれ違った時に汗臭いにおいがする人の方がまだマシな気がします。

スーパーやコンビニで従業員の方などから強烈な柔軟剤の臭いがしていると不釣り合いに感じます。

人は生活していれば発汗するものなので制汗スプレーのニオイと汗が混ざったニオイの方がまだ良いと思うのです。

柔軟剤って香水と一緒だとわたし自身は思うのです。

おそらく表示通りに使えばあんなにもキツイ臭いはしないと思います。

私の場合も柔軟剤を使うのですが、周りの人みたいにきつく匂うような事はなかったです。

柔軟剤のニオイが強い人ってきっと気を配っている面もあるはずなので汗臭をかなり嫌っているのではないかと思います。

これはお友達の話で自分自身はそう思いました。

何よりも自然の香りの方がいいと思っています。

まわりに不快感を与えないようにするには柔軟仕上げ剤で香害を出している人も気をつけないといけないですね。

ワキガを持っているあたしも、長く生活する事でうまくあしらえるようになり、周囲も自分も臭くないようにしてきているつもりでいます。

その時まで使用していた物以上に、消臭力が強いという消臭グッズを、孫から教えてもらえたのです。

ただの体臭とは違い、腋臭は尋常じゃありません。

年齢を重ねてきた事で、そこまで腋臭のニオイは感じなくなった様な気がします。

ですが気が緩み、制汗剤で対応していない日に、やっぱり不快なニオイはしていました。

観光旅行をしていても、前は外国の人のワキの臭いにイヤな思いをしました。

他所事じゃなく、自分もわきがですからそれは禁句ではありますが、周りの人から漂ってくる腋臭の素晴らしい匂いは非常に不愉快になります。

その様なわきが体質の私は、非常に効果的なアイテムを手に入れましたが、ロールオンタイプの物なので残りの一滴まで使い果たすのは困難だと感じるのです。

洗剤やシャンプーもボトルに入れる時には、最後の最後まで詰め替えたいものです。

それと同じ様に、その制汗剤も、最後の一滴まで使い切りたいのだけどどうしたら使い切れるかななんて考えているのです。

まわりが出す気になる体臭も嫌ですが、自分自身が出す体臭にも気をつけなくちゃいけないなと感じたのです。

 

制汗スプレーだけでは体のべたつきは残るのでコールドスプレーも併せて使うように

わたくしは数年前現場で作業をする仕事をしていました。

そういう所で働いていて頭を抱えるのが汗です。

特に暑い時期は一日のうちに3回はTシャツを替えたくなるくらい汗まみれになります。

仕事が終わった後も汗臭いニオイを気にしていたわたしは「エイトフォー」とかのパウダースプレーを使っていました。

やはりこれで少しは改善されるのですが、制汗スプレーだけでは体のべたつきは残るのでコールドスプレーも併せて使うようにしました。

これにより体のベタベタや汗臭さが若干おさまったような気がします。

自分が気にしていたのは汗のニオイだけではありません。

わたくしは足裏の臭いも物凄いニオイがするので、友達の家に招かれたときに自分の足の凄まじいニオイにフロ場で足を洗ったという恥ずかしい過去があります。

それは恐らく現場の仕事などでかいた汗が作業ぐつに染み込むうちに自分の足もクサくなったのではないかと思います。

こんなことがあったのでわたしは靴の除菌消臭スプレーを常備し、作業靴に履きかえる時などは常にスプレーするようにしました。

これを習慣づけるようになったらじぶんでも臭いと思うような臭いは少しは収まってきたと思います。

わたしの仕事場にすっごく汗をかく人がいて酸っぱい臭いの人が働いています。

汗を小まめにふく人だったらしょうがないと思えるのですが汗が噴き出ているにも関わらず拭こうともしないでシャツが絞れるくらい濡れているにも関わらずふかないのは衛生的によくないなんて感じました。

食品加工会社なのですけど特にユニフォームを着る訳ではないため食品を扱っているのにこんな風で大丈夫なのかなと考えてしまいます。

その人は職場の上司なので直にいうような事は出来なくて困っているのです。

汗拭きタオルを首に巻いたりしてまめにふくだけでも良いんだけどと思ったのです。

服の着替えを持ってきて着替えてくれてもいいのにななんて思っています。

でも皆がそれぞれにやりやすいように作業しているのでその人にだけ言ったり出来ません。

同じところで作業しているので「迷惑かけてるよね、ごめん」くらい言えばいいのになと思う時もありました。

性格上の問題なんだけど、人への配慮に欠ける人というのは嫌われるのになと思ったのです。

昔から汗をよくかく方なのでずっと悩んでいます。

特に中学の頃は学生服を着用するため、毎日洗濯することができなくなりました。

そうなると汗が出れば、ニオイの心配をしなくてはいけなくなりました。

毎日肌着は違うのですが、制服は替えの物は持っていなかったのです。

消臭剤を使用していましたが、ちょっとしたコンプレックスになっていたのです。

相変わらず汗をよくかくため、洋服選びが大変です。

制服のように洗えないということはなくなり、臭いの方の心配は減りました。

でも、濃い色の洋服にしないと汗をかいた時に分かってしまいます。

脇は脇汗シートとか制汗クリームを使えば対応可能なのですが、背中のアセの場合うまく取り繕うことが出来ないので困っているのです。

だから、色を選んで着る他ありません。

加えて、暑い季節のみならず寒い時期でもよく暖房が効いていると汗が止まらなくなります。

だけど暑い時期みたいな服で外に出かけられないので頭を抱えてしまうのです。

発汗したら洋服を選ぶ以外にもメイクも崩れますし、髪も乱れます。

汗が出ないような体質に憧れてしまいます(笑)

多汗症の女性ってどうなんでしょう?夏場だったら普通にありとあらゆるところから汗が出てくるし、緊張状態になれば大量の手汗が…。

最も面倒なのがわき汗!臭いの方も気になってきます。

公共の電車やバスに乗ってつり革に掴まる際に、匂わないか非常に気になります。

夏という季節は汗かきの私にとって鬼門です。

さまざまな制汗剤を試している為、制汗剤のこと詳しくなってしまいました。

会社では、周りと変わらない作業内容なのに、一人だけ汗にまみれている為、あなただけ仕事しているみたいだと嫌な言い方をされたこともあるのです。

多汗症は対面的に困るのです。

出ないようにと思えば一層出てきます。

本当に面倒くさい。

会社だと発汗した際に、早いところ着替えられないのが普通です。

休憩時間に着替えたりするのですけど、それまでの間にニオイが出ていないかすごく不安に思います。

ニオイに神経を使っている私がいます。

汗をかいていたとしても周りにはバレないような服があると良いのですけど。

匂わなくしてくれる洋服とか、汗を乾かしてくれるシャツができないかなと思います。

お試し定期モニター募集中の制汗剤>>デトランスα